関空の魅力

夜行バスに乗る

関空は関西地方の拠点空港として開港した空港です。開港当初からアクセス方法についていろいろな問題点が指摘されてきました。関空へのアクセス方法は鉄道やバス、自家用車があります。24時間空港でありますが深夜には公共交通機関がなくなってしまうために、早朝や深夜の航空機を利用する人は自家用車を利用せざる終えない状況でした。そのため駐車場が多く必要になりますが、海上空港という特性上、敷地があまり広くなく繁忙期には空港島内にある駐車場は満車になることが多くありました。このため、関空の周辺には多くの民間駐車場ができ、利用者を増やしています。近年は早朝便が増えたためにより自家用車を増える人が多くなり競争が激しくなっています。

関空は近年、新しく誕生した格安航空会社が数多く就航してきています。これらの格安航空会社は早朝に出発したり、夜遅く到着する便が数多く設定されています。そのため格安航空会社を利用する人は公共交通機関を利用するには不便なケースが多く自家用車を利用する人が増えています。車を利用する人が増えると駐車場に対する需要も高まってきます。格安航空会社の就航は今後も増えていくと予想されているので、それに対する駐車場への需要も増えていく予想がされています。 しかし、空港島内にはあまり敷地に余裕がないために空港島外に駐車場を設けて、そこから送迎をするか、空港島内で車を業者に引き渡して、その後島外の駐車場で管理してもらう方法が増えると予想されます。